平成30年度経絡治療学会香川支部インフォメーション

井上恵理先生との出会い
 井上恵理先生が岡部素道先生と組まれて、竹山晋一郎先生、お医者さんの丸山先生、石原先生、間中先生などが熱海に夏期大学を作られました。
 その経絡治療夏期大学に、私が最初に行かせて頂いたのが第三回目の時でした。経絡治療をする以前には私は現代医学的な鍼灸をしていましたが、一年で私の治療院はつぶれてしまいました。
私は本を読んで理屈をいうところからこの道に入ったのではありません。皆さん、ご存じのように鍼灸の理論は古典が基本です。その古典の本を読んで、理屈をいう人は世の中に沢山いますが、頭でっかちになって頭で患者さんの病気を判断しても絶対治りません。
必ず患者さんの身体を通して、自分の感じた事を、読んだ古典にそっと持っていって、当てはめて、そして治療してみて、その後でもう一度古典を読んでみる、というように身体で覚えて行くのが本当の鍼灸の勉強の方法です。
   

経絡治療学会香川県支部では、平成30年から、故池田太喜男先生の講義録を用いて編纂して書物として刊行した「池田太喜男師の世界:池田太喜男先生講義録総集編第1巻」を用いて解説研修会を行います。池田先生関連の書物や講義録は 「亜東書店」にお申込みいただくか、香川県支部にお申し込みください。
平成29年度は残り少なくなりました。平成30年1月2月の2回で平成29年度のカリキュラムは終了します。  以下に研修会場の場所と日程をお知らせいたします

研修会場:香川県仲多度郡琴平町 JR土讃線琴平駅前 琴平町商工会館 10時~16時
研修費: 入会金 10,000円 年会費;本部会費7,000円を含めて30,000、学生会員は参加するごとに1,500円、一般聴講:毎回4,000円 試料代別、学生聴講:毎回3,000円 試料代別
平成29年度日程
 平成30年:1月14日、 2月25日
  カリキュラム内容はホームページをご覧ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

訪問者
プロフィール

T.Manabe

Author:T.Manabe
経絡治療学会香川県支部長、真鍋立夫です。研修会の運営をますます工夫して魅力ある中身の濃い研究会に育て上げていきたいものだと考えています。これからは統合医療の時代です。現代医学と伝統医学である鍼灸漢方医学が手をつないで、今日のこの高齢化社会に対応し、より高度な医療が提供・展開できるようになれることを夢見て日々努力しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク